Windows Serverとは。他OSとの違いや強み、将来性を解説

Windows Serverは、Microsoftからリリースされているサーバー系OSです。

Windowsといえば、多くの人がPCで使用しているWindowsを思い浮かべるのではないでしょうか。

これに対してWindows Serverは、サーバー用のOSとして、利用者にWebサービスやデータベース、ストレージなど、さまざまなサービスを提供しています。

Windows Serverは、Windowsとよく似た外観や操作性Microsoftの多くの製品との相性の良さなどを武器にエンタープライズ市場で高い評価を受けてきました。

今回は、Windows Serverが持つサーバーOSとしての特徴や、Linuxなどの他のサーバーOSと比較した強みについて見ていきましょう。

そして、クラウド時代のWindows Serverの現状と将来への可能性についても考えてみましょう。

ご存じですか?
Windows Server 2012/2012R2
サポート期限2023年に迫っています。
▼詳しくはこちら

Windows Serverは、どのようなOSか

Windows Serverは、大手ソフトウェアベンダーであるMicrosoftが開発し、リリースしたサーバーOSです。

Microsoftは、かの有名なビル・ゲイツによって1975年に創設されたソフトウェアベンダーで、MS-DOS、Windowsの開発とリリースを行ってきました。

Windowsは世界のPCの7割以上に搭載されていると言われるほどの巨大なシェアを持っており、Microsoftは大企業に成長しました。

Microsoftは、今やGoogleやAppleなどと並ぶ巨大IT企業の一角として、「GAFAM」と呼称されています。

Microsoftが提供するWindows Serverは、他のサーバーOSには無い、以下のような特徴を持っています。

  • Windowsとよく似た外見と操作性
  • Microsoft製品との高い親和性と相性の良さ

まず、Windows Serverは、デスクトップOSであるWindowsと外見や使い方が似ており、直感的で使いやすいものとなっています。

Linuxなど他のサーバー系OSはどちらかと言うと取っつきにくい仕様になっています。

そのため、操作のわかりやすさからWindows Serverが導入OSに指定されるケースも多くあります。

もう一つは、SQL ServerやIISなど多くのMicrosoft製品との相性が非常に良いという点です。

Windows Serverは、こうした特徴からエンタープライズ市場で幅広くさまざまな企業に幅広く活用されています。

Windows Serverの強みとは

Windows Serverは、幅広い分野にまたがる多くの企業で利用されています。

これは、Windows Serverを使うことで得られる「強み」にも理由があることは間違いありません。

では、Windows Serverが持つ強みとはいったいどのようなものなのでしょうか。

    • デスクトップ用のWindowsに似た外見と高い操作性
    • Microsoft製品との親和性が高い(SQL Serverなど)
    • Active Directoryによるクライアントリソース管理
    • Microsoft社の強力なサポート体制
    • これまでからの豊富な利用実績やサーバーOSとしての信頼性の高さ

など

とくにActive Directoryは、他のOSでも使えないことはないですが、基本的にWindows Serverを使うものとなっており、これを使うだけでもWindows Serverを選択する理由となります。

Active Directoryについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

Windows Serverが利用される分野

Windows Serverは、エンタープライズ市場で幅広く利用されています。

特に採用されているのは、以下のような分野です。

  • Windows系のPCの管理(Active Directory)
  • 社内のファイルサーバー
  • WebサーバーでASP.NET Coreを使うなど、Windowsでしか使えないAPIなどを使う場合

など

このように、クライアント端末がWindowsのPCで構成されている場合、Windows ServerのActive Directoryを使うと端末管理がとても便利になります。

同じようにWindows PCからの利用がとてもしやすいので、社内システムなどにも向いています。

また、Microsoftは、Windows ServerのようなOSからSQL Serverのようなデータベース、IISのようなWebサービスソフトウェアなどを提供しており、Microsoft製品だけで一つのシステムが組めるという強みがあります。

これは多くのベンダー製品を組み合わせるのに比べてシステムが安定するとともに、サポート体制がシンプルになるなど多くのメリットがあります。

このように多くのメリットを持つWindows Serverを安価で快適に利用するなら、Winserverなどのホスティングサービスの利用もおすすめです。

Winserverは、18年以上の運用実績、稼働率99.99%、丁寧なサポートが特徴の、「Windows Server専門のレンタルサーバー」です。

Winserverについて見る

Windows Serverと他のサーバーOSの比較

サーバーOSには、Windows Server以外にもLinuxや、AIXなどUNIX系のものもあります。

これらの他のサーバーOSとWindows Serverはどのような点が違うのでしょうか。

Windows Serverと他のサーバーOSは何が違うのか

Windows Serverと他のサーバーOSとの違いや特徴をまとめると、このようになります。

 Windows ServerLinux等
導入しやすさ比較的導入しやすいある程度専門技術が必要
セキュリティ標準で高いが、攻撃対象になりやすい自分で設定できれば高くなる
(設定できなければ不十分なこともある)
費用ライセンス料が高い比較的安価

Windows Serverは、Linuxなどに比べると費用は高くなりますが、導入はしやすいことがわかります。

WindowsとLinuxの違いについて、こちらで詳しく説明しています。

Windows Serverは攻撃対象になりやすい?保護の方法は?

Windows Serverは、エンタープライズ市場で高いシェアを持っています。

同じようにデスクトップ用のWindows OSも7割以上の高いシェアを持っています(アイルランドのアクセス解析サービス「StatCounter」による2022年1月のレポートによる)。

高いシェアを持つ製品は、悪意を持つ第三者にターゲットにされることも多くなります。

では、どのような対策をすれば守れるのでしょうか。

例えば、以下のような対策が考えられます。

  • セキュリティ対策ソリューション(ソフトウェアやハードウェアの導入)
  • ソフトウェア更新プログラムの自動適用
  • ファイアウォールなどの詳細な設定

など

こうした対策を適切に行うことで、弱点でもある攻撃のされやすさはカバーすることが可能です。

Windows Server 2022とクラウド時代

AIやIoT、ビッグデータの利活用などIT業界の技術革新は、政府によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進もあり、急速に進んでいます。

サーバーにおいても、従来の物理サーバー(オンプレミス型)から、仮想化、クラウドなど新しい技術への転換が進みつつあります。

こうした業界の変化の中で、Windows Serverはどのように新しい技術へ対応し、そして将来に向けてどのような方向性が出されているのでしょうか。

現在、MicrosoftはクラウドサービスのAzureを提供しています。

その上で、AzureとWindows Serverの連携を進めています。

こうした状況は、Azure(クラウド)と従来のWindows Server(オンプレミス)の境界をより曖昧にし、システム全体として考えたときにクラウドとオンプレミスを連携させながら良いところを採用していくといった考え方になってきています。

以下では、そうした現状を踏まえて最新版のリリースであるWindows Server 2022について解説します。

Windows Server 2022では、Windows Server 2019で打ち出されていたクラウドとオンプレミスの連携をより進め、強化を図る考え方で設計が行われています。

それは、もはやオンプレミスのWindows Server 2022だけでなく、Azure版、ハイパーコンバージド版であるAzure HCI版と併せて一つのプラットフォームとして考えるべきところにまで来ています。

また、近年のセキュリティに対するニーズの高まりにも対応する機能として、ハードウェアベースのセキュリティ強化の仕組みである「Secured-core Server」と呼ばれる仕組みが導入されています。

これは、すでに発表がなされている「Secured-core PC」と呼ばれるクライアントPC用のセキュリティ強化機能のサーバー版と言えるもので、これまで以上に堅牢なシステムの構築を可能とするものです。

こうしたことを踏まえると、これまでのように「クラウドで」「オンプレミスで」といった考え方でなく、「OSはWindows Serverで、クラウドやオンプレミスなどの方法の選択は、目的や用途に合わせて組み合わせる」といったハイブリッドクラウドの考え方で利用していくべきOSが新しいWindows Server 2022であると言えます。

テレワークにも力を発揮するWindows Server

新型コロナウィルス感染症対策として、企業の間でテレワークの注目が増しています。

とくに環境が整っており、テレワークに向けたサービスが提供されているのはクラウドサービスのAzureですが、Windows Serverにもテレワークを実現する機能が盛り込まれています。

それがMicrosoft Desktop Virtualizationです。

この機能を使うことで、仮想デスクトップ環境(VDI)をサーバーに配置し、リモートで使えるようになります。

VDIについて、こちらで詳しく説明しています。

まとめ

サーバーOS市場で2017年の調査でも半分以上を占めるなど、Windows Serverは幅広く企業の基幹システムを含め利用されています。

サーバーOSには、他にもLinuxなどのUNIX系のOSなどもありますが、これらに比べてWindows Serverは、以下のような強みを持っています。

  • Microsoft製品との高い親和性と、同社の強力なサポート体制
  • デスクトップWindowsに似た直感的な操作性の高さ
  • 多くの企業で利用されており、豊富な実績やサーバーOSとしての高い信頼性を持つ

など

また、IT業界の大きな変化に対しても柔軟に対応していくようにクラウドサービスのAzureとのシームレスな連携などハイブリッドクラウドへの対応も進んでいます。

こういったさまざまな点での充実した内容が、Windows Serverの現在の高い市場シェアをもたらしているとも言えるでしょう。

Windows Serverなら「Winserver」にお任せ!

Winserverは、Windows Server専門のレンタルサーバーを国内で18年以上提供しているホスティングサービスです。

VPS、仮想デスクトップサービスなどの豊富なサービスを「高品質、低価格」でご用意しております。

また、サーバーの換装やVPS/クラウドへの移行など、サーバー運用のお困りごとを丁寧にサポートいたします。

無料オンライン相談会を実施中

Winserverでは、無料オンライン相談会を実施中です。

18年以上の運用実績があるWinserverの専門スタッフが、社内環境のクラウド化、OSのサポート終了に伴う対応方法などについて、丁寧に回答いたします。

オンライン形式の個別相談会ですので、ぜひどなたでもお気軽にお申込みください。

Winserverオンライン相談会実施中▲相談会についてはこちら▲

Winserverのサービスについて

Winserverでは、Windows Serverを利用しやすい価格で快適にご利用いただけるよう、様々なサービスをご用意しております。

<VPS>※2週間無料トライアル実施中!

小規模環境におすすめの、仮想専用サーバーです。

Winserverの人気No.1サービスで、月額990円からご利用いただけます。

VPSを2週間無料で試す

<仮想デスクトップ>※2週間無料トライアル実施中!

FXやテレワーク、開発環境に最適な仮想デスクトップです。

Officeアプリケーションなどを搭載したMicrosoft365製品を利用可能です。

仮想デスクトップを2週間無料で試す

<共用サーバー>※2週間無料トライアル実施中!

Webサイトやブログを始めたい方におすすめの共用サーバーです。

WordPressやEC-CUBEなど人気のCMSを、コントロールパネル上から簡単にインストールすることができます。

共用サーバーを2週間無料で試す

<専用サーバー>

ご要望に合わせたサーバーを構築、設定する専用サーバーです。

お客様専用の筐体で、外部の影響を受けにくく、大規模環境に最適です。

NVIDIA製のGPUを搭載した高火力サーバーもご用意しております。

専用サーバーのプランを見る

▼「GPU搭載専用サーバー」についてはこちら▼

Windows環境を利用するなら!
WinserverのVPS
稼働率99.99%・メモリ完全保証

▶ プランを見る

関連記事

Windows Serverなら「Winserver」

サーバー移行など、ご相談ください◎

Windows環境を利用するなら!

クラシックASPの移行事例をご紹介!

月額495円から使えるVPS

TOP