WindowsとLinux。両者の違いやOSとしてのメリット/デメリットなどを紹介

PCやサーバーなどのコンピューターで使われるOSにはさまざまな種類があります。

その中で、WindowsはとくにデスクトップPCでは、世界シェアで86.8%もの高い数値2019年12月現在:Net Applications調べ)を示しています。

 

しかし、その一方でサーバーOSの世界では、Linuxのシェアが急拡大しており、AWSなどのクラウドサービスでもWindowsよりはLinuxを使うことが一般的となっています。

では、WindowsとLinux、両者の違いはどこにあるのでしょうか

WindowsとLinux、それぞれどういったOS?

まず、WindowsとLinux、これらはいずれもコンピュータのOSですが、両者はどういった特徴があるのでしょうか。

Windowsの特徴や用途

一般的なPCなどでも幅広く使われているWindowsには、どういった特徴があるのでしょうか。

  • 主にPCなどクライアント向けのOSとしての利用が多い
  • サーバーOSとしての需要もMicrosoft製品との親和性の高さが多い
  • サーバーOSでも、GUIによる直感的な操作が可能となっている

このように、Windowsは、どちらかと言えばサーバー用途よりもPCなどクライアント向けのOSとして幅広く使われています。

Windowsロゴ

Linuxの特徴や用途

今度はLinuxについて見てみましょう。こちらはどういった特徴があるのでしょうか。

  • 主にサーバー用途で利用される
  • コマンドラインでの操作が主となっている
  • オープンソースなので、無料で利用することができる

このように、Linuxは無料で利用できるもので、主にサーバー用途で使われることが多くなっています。

また、オープンソースということでソースコード情報が開示されていたり、多くのトピックスがインターネットで調べられたりといった良さがあります。

タックス

Windowsのメリット、Linuxのメリットは?

WindowsとLinux、それぞれの特徴について理解が深まったところで、それを踏まえて両者のメリットやデメリットについて解説します。

メリットやデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

Windows のメリットとデメリット

まずは、Windowsのメリットとデメリットについて整理してみましょう。

<メリット>

  • 多くの企業で利用されている
  • 直感的に分かりやすいインターフェースである
  • しっかりしたサポート体制がある

など

<デメリット>

  • 導入に費用がかかる
  • ウイルスなどサイバー攻撃のターゲットにされやすい
  • Linuxと比較して安定性に欠ける

Linuxのメリットとデメリット

では、Linuxにはどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。

<メリット>

  • オープンソースなので無料でも利用でき、コストが抑えられる
  • Windowsと比較して動作が安定している
  • Windowsと比較してウイルスなどが少ない

など

<デメリット>

  • 導入に専門的な知識や技術が必要
  • 主にコマンドラインでの操作となる
  • サポートが得られないことが多い(有料ディストリビューションにはある)

など

 

このように、WindowsとLinuxには、それぞれOSとしてのメリットやデメリットがあります。

サーバー

あらためて両者の違いとは

ここまでWindowsとLinuxのそれぞれの特徴やメリット、デメリットなどについてみてきました。

改めてこれらを整理してみると、以下のようになります。

 WindowsLinux
費用かかる
→システム全体が高価になりやすい。
無料でも使える
→安価で大規模システムが構築できる。
操作GUI画面で直感的。使いやすいGUI画面もあるが、主にコマンド入力によるCUI。初心者にはとっつきにくい
専門知識必要だがLinuxほどではない技術や知識が必要
主な用途デスクトップが多いがサーバー用途もある主にサーバー用途
安定性Linuxには劣る高い
セキュリティサイバー攻撃のターゲットになる危険性が高いWindowsほどターゲットにはならない
サポートMicrosoftによるサポートが整っているなし(Redhatなど有償ディストリビューションにはある)
インターネットでの情報多い非常に多い

このように、両者にはさまざまな面での違いがあるので、目的に合わせて使い分けることが大切です。

まとめ

WindowsとLinux、今回紹介した2つのコンピュータ用のOSには、同じOSではあるもののいろいろな違いがあります。

Windows

サーバー用途でも利用されるが主にデスクトップPCで使われ、GUIの直感的な操作が特徴。

Linux

主にサーバー用途で使われ、オープンソースのため無料でも利用できる。

GUI画面でも使えるがコマンドラインでの操作が主となり、専門的な技術や知識が必要。

 

また、他にもセキュリティ上の問題などいろいろな違いがあります。

そういったことから、両者をうまく使い分けるためには、目的に合わせた適材適所という考え方に基づくことが大切です。

Winserverは、Windows Server専門のホスティングサービス

Winserverは、Windows Server専門のホスティングサービスを提供しています。

 

一番人気は、全てのプランにSSDを搭載したVPS SSDプランです。

VPS SSD プランはこちら

 

VPSにリモートデスクトップサービスライセンス(RDS SAL)を1ユーザー追加済みでお渡しする仮想デスクトッププラン、こちらはFXでの利用や、最近ではテレワーク向けとしても人気です。

仮想デスクトッププランはこちら

 

豊富なプランだけでなく、充実したサポートも好評です。

気になる点があればお気軽にお問い合わせください。

サポートページへ