マイクロソフトホスティングパートナーが提供するレンタルサーバーサービス

  Windows Server専門のレンタルサーバー「ウィンサーバー」

レンタルサーバーを利用するメリットとは

● レンタルサーバーを利用するメリットとは

● レンタルサーバーを使う目的 レンタルサーバーを使う目的
一からサーバーを立ち上げるとなると、様々な設定を行う必要があります。
サーバーを初めて立ち上げるとなると、設定がうまくいかずに色々と不具合が生じてしまうことも多々あります。
こうした事態を回避するためには、レンタルサーバーを提供するホスティングサービスを利用する方法があります。
ホスティングサービスを利用するメリットの1つは、サーバーの管理・運用を自社でしなくて良い所です。
自らサーバーを立ち上げるとなると、サーバーの設置費用・スペースはもちろん、データのバックアップ、ハードウェアやネットワークの障害が起きた際のメンテナンス、ウイルス被害防止のセキュリティ対策など、専門知識や多くの労力が必要となります。
しかし、24時間365日体制でサーバーを稼働させることも、ホスティングサービスを利用すれば手軽にできます。
PCなどのハードウェアのメンテナンス、人件費、電気代などの費用を考えると、低コストで安定した品質を保ちつつ、サーバーの運用を行いたい場合にはレンタルサーバーが適していると言えます。

● 有料のレンタルサーバーを借りるメリット 有料のレンタルサーバーを借りるメリット
レンタルサーバーには無料のものもありますが、無料だと広告が勝手に挿入される、利用できる容量が少ないといったの問題や、提供側の事情によってサービス終了のリスクもあります。
こうした問題を回避でき、さらに独自ドメインを取得できる点も有料のホスティングサービスを利用するメリットです。
SEO的に評価が得やすいサイトを構築できるだけでなく、WEBサイトとメールアドレスのドメインを統一することができます。
また、PHP、MySQL、CGIなどが利用できるので、豊富なカスタマイズが可能で、独自性のあるサイトを構築できます。
多様なアプリケーションソフトのインストールも簡単に設置でき、使い勝手の良いサイト構築が可能です。
無料のレンタルサーバーでは商用利用の制限がある場合もありますが、有料のレンタルサーバーではそうした制限もありません。
また、インターネット回線の接続業者であるプロバイダがサービスの一貫として、ホームページスペースの貸出をする場合もありますが、無料のレンタルサーバーと同様に、容量や機能面に制限があり、思うような活用ができないこともあります。
制約が少なく、自由にオリジナリティのあるサイト構築を行いたい場合には有料のホスティングサービスが条件にあっていると言えます。