マイクロソフトホスティングパートナーが提供するレンタルサーバーサービス

  Windows Server専門のレンタルサーバー「ウィンサーバー」

レンタルサーバーでの障害の対処法とは

● レンタルサーバーでの障害の対処法とは

● レンタルサーバーで起こる障害とは? レンタルサーバーで起こる障害とは?

レンタルサーバーを使用している時に困るのが突然のトラブルです。
こうした障害が起きた時に対処法を知っているかいないかによって随分とその後の処置が変わります。
これからレンタルサーバーの導入を考えているという人は、どういったトラブルのケースがあるのか、またその対処法について事前にある程度情報を集めておくことをお勧めします。
トラブルには大きく分けて、データの紛失・接続ができない・ハッキング(クラッキング)されるの3種類があります。
まずはこうしたトラブルが起きてしまった原因を知り、そこから対処法を練ることが必要です。

● 障害の原因と対処法について 障害の原因と対処法について
レンタルサーバーの利用中に起こる障害については、自分でできる対処法を知っておけばある程度の情報を守ることができます。
まず、データの紛失に関しては利用者がうっかり消してしまった場合を除くと管理者側が誤って消してしまった、災害などでサーバーが物理的に壊れてしまったということが考えられます。
こうした時に有効な手段はただ1つ、データのバックアップをするという点に尽きます。
自動バックアップ機能をもっているレンタルサーバーを選ぶのも良いでしょう。
次に、サイトに接続できない、サイトが表示されないというトラブルの原因として考えられるのはサーバーのダウンかアクセス制限がかかっているかです。
サーバーが外部からの攻撃や急激にアクセス数が増えることによって落ちてしまった場合には利用者側でできる対処法はありません。
一方、アクセス制限が頻繁にかかってしまうという場合、サイトの規模に対してレンタルサーバーのスペックが低い可能性があります。
その場合はプランの変更やスペックの高いレンタルサーバーへの移行も視野に入れる必要があります。
そして、滅多にあることではないですがサーバーがハッキング(クラッキング)の被害に遭うという可能性があります。
この場合は信頼の置けるレンタルサーバーを選ぶか、利用者側での対処法としてSSLの導入や2段階認証を採用するなどセキュリティ面を強化しておくという方法があります。