Microsoft365とは。テレワークでの活用機能も紹介!

皆さんはMicrosoft365を使っていますか?

Microsoft365は、従来の買い切り型のOfficeとは異なるサブスクリプション型のOffice利用サービスです。

Microsoft365は、従来までの買い切り型と違い、初期費用が安く済む必要なときだけ契約できる常に最新版を使えるなど多くのメリットがありますが、実はテレワークにも便利な機能があります。

今回はMicrosoft365について解説します。

Winserver仮想デスクトップなら
最新OS快適なテレワークを実現!
\2週間無料・全プランSSD搭載/
仮想デスクトップサービスを無料で試す

Microsoft365の概要

まず、Microsoft365とは、どのようなサービスなのでしょうか。

そして、どのようなアプリケーションが含まれているのでしょうか。

Microsoft365とは

Microsoft365とは、どのようなサービスなのでしょうか。

Microsoft365とは、従来は買い切り型の製品としてお店やインターネット、ダウンロード版として購入できたMicrosoft Office製品を、月額や年額いくらといった利用料を支払うことで使えるようにしたサブスクリプション型のサービスです。

従来の製品がパソコン上のアプリケーションとして利用できたことに加えて、Microsoft365では、クラウド上での利用も行うことができるようになっています。

さらには、Microsoft Teamsなどビデオ会議やチャットなども利用することができるようになっています。

Microsoft365のプラン

Microsoft365に含まれるサービスやアプリケーションの内容は、プランごとに異なります。

以下では、Microsoft365の各プランについて見ていきましょう。

Microsoft365には大きく分けて家庭用のプランとビジネス用のプラン、教育機関向けプランがあり、それぞれ以下のようになっています。

なお、ビジネス用のプランには「一般法人向け」と「大企業向け」があります。

家庭向けプラン

家庭で利用するためのプランで、個人で使う「Personal」や家族で使える「Family」といったプランがあります。

家族に適したフィルター、制限、許可を設定できるFamily Safety モバイルアプリが利用できます。

    • Microsoft365 Family
    • Microsoft365 Personal

ビジネス用プラン

ここでは一般法人向けプランについて触れます。

Office製品に加えて、メールサービスのExchangeや共有作業を行うSharePoint、コミュニケーションツールのTeamsなどが含まれます。

  • Microsoft365 Business Basic
  • Microsoft365 Apps for business
  • Microsoft365 Business Standard
  • Microsoft365 Business Premium

教育機関向け

教育機関向けに提供されているプラン。

Office製品の教育機関向けのものや、教育機関向けのマインクラフトなど教育を行ううえで役に立つものが含まれています。

    • Microsoft365 A1
    • Microsoft365 A3
    • Microsoft365 A5

Microsoft365には、このように目的に合わせたさまざまなプランが提供されています。

Microsoft365に含まれるアプリケーション

Microsoft365には、どのようなアプリケーションが含まれているのでしょうか。

Microsoft365には、もちろんWordやExcel、PowerPointなど従来のOffice製品でも提供されているアプリケーションやサービスも含まれています。

しかしながら、具体的に何が含まれているかは先ほどのプランによっても異なります。

したがって、大きく従来のOffice製品との比較を念頭にMicrosoft365に含まれているアプリケーションを見ていきましょう。

従来のOffice製品と同様に含まれているアプリケーション

・Word, Excel, PowerPoint, Access, Publisherなど

Microsoft365に含まれるもの

    • クラウドベースのアプリケーション
    • モバイルアプリ
    • Microsoft Teams

など

Office365はどうなった?

少し詳しい方であれば、「Office365」と呼ばれるサブスクリプションサービスが提供されていることをご存知かもしれませんね。

Microsoft365が提供されているのであれば、Office365は、どのようになっているのでしょうか。

結論から言うと、Office365はサブスクリプションサービスのプランとして今も存在しています。

簡単に言うと「Office365は、Microsoft365に含まれている」と言えます。

Microsoft365では、クラウドの利用やリモートワークへの対応を行うために、Office365に加えてそれらの機能が追加されています。

図示すると以下のようになります。

Microsoft365と従来のOfficeは何が違う?

従来、MicrosoftのOffice製品は、パッケージ版としてお店で販売されていたり、ダウンロード版としてインターネットで販売されていたりしました。

こうした従来のOfficeと、Microsoft365の違いはどのような点にあるのでしょうか。

以下では、両者の違いについて表にまとめました。

 Microsoft365従来のOffice製品
支払いサブスクリプション型
*月額利用料が必要
買い切り
費用月額1,390円
*Business Standardプランの場合
Office Home&Business 2021で38,284円
追加費用月額でかかる不要
新機能の自動更新ありなし
Web、モバイル版ありなし
ファイルストレージと共有ありなし
コミュニケーションツールプランに依るなし

このように、両者で大きく異なる点は、「支払い方法」「クラウドの利用」「コミュニケーションツール」などであることが把握できます。

Microsoft365を使うメリットとは

従来型のOffice製品ではなく、Microsoft365を使うとどのようなメリットがあるのでしょうか。

逆に、Microsoft365にすることで、デメリットとなるようなことはないのでしょうか。

Microsoft365を使うメリット

従来型Office製品でなく、Microsoft365を使うと、以下のようなメリットがあります。

    • サブスクリプション型なので、必要な分だけの契約や負担がしやすい(コスト管理がしやすい)
    • クラウドやモバイル利用が可能(さまざまな端末で同じように使える)
    • 常に最新版に更新できる
    • リモートワークで使えるツールが多い

Microsoft365を使うデメリット

逆に従来型Office製品を利用する場合と比べて、Microsoft365を使う場合、以下のようなデメリットがあります。

    • クラウド利用の場合は、インターネット接続が必要
    • 従来型と違うので、導入に少し手間がかかるケースがある

従来型のOffice製品でなくMicrosoft365を使う場合は、多くのメリットがありますが、デメリットもあることを理解しておきましょう。

Microsoft365はテレワークにも便利!

実は、従来のOffice製品にない特徴とメリットの一つに、「Microsoft365はテレワークにも便利」という点が挙げられます。

それは、どのようなことなのでしょうか。

テレワークにも便利なMicrosoft365

先ほども少し触れましたが、Microsoft365には、従来型のOffice製品にはないさまざまな機能が含まれています。

その中には、以下のようにテレワークに活用できる便利な機能も含まれています。

    • クラウドでの利用(Webブラウザなど)
    • モバイル版アプリの利用
    • チャットやビデオ会議などコミュニケーションツールの利用

こうした機能は、従来型のOffice製品にはないMicrosoft365ならではのものであり、テレワークにこれらの機能を活かすことはとても有効な使い方です。

Windows365というサービスもある

Microsoftのサブスクリプションサービスには、Microsoft365の他にWindows365というものがあります。

これは、Office製品でなくWindows製品をサブスクリプション契約で利用できるようにしたもので、以下のような特徴があります。

    • クラウド上に展開されたWindows OSがWebブラウザから利用できるサービス
    • どんなデバイスからでも利用できる
    • 定額のサブスクリプション型サービスとして提供されている

このようにWindows365は、定額で利用できるOSサービスであると言えます。

このサービスもどんなデバイスからも同じようにOSが使えるといったテレワークに大いに活用できる特徴を持っています。

 

Winserverでは、Microsoft365がより便利に使える

Microsoft365は、Winserverで提供されている仮想デスクトップサービスでも追加機能として提供されています。

その上で充実したサポートが提供されているなど、テレワークなどにも非常に活用しやすいプランとなっています。

まとめ

Microsoft365は、Microsoftが提供するOffice製品のサブスクリプションサービスで、従来の買取り型と異なり定額利用できるとても便利なサービスです。

Microsoft365では、従来のOffice製品が持っているさまざまな機能に加えて、クラウドベースのサービスや、モバイルアプリの機能、コミュニケーションツールが含まれているなど、テレワークにも役立つものとなっています。

Winserverでは、テレワークに便利な仮想デスクトップサービスにオプションサービスとしてMicrosoft365が提供されています

手軽にテレワークで使うには、このようなサービスを活用するのも良いでしょう。

仮想デスクトップ紹介資料

仮想デスクトップ紹介資料

テレワーク、FX、検証環境に最適な仮想デスクトップの概要、特徴、料金プランをまとめた資料です。
「Microsoft 365」についても紹介しています。

仮想デスクトップ紹介資料

仮想デスクトップ紹介資料

テレワーク、FX、検証環境に最適な仮想デスクトップの概要、特徴、料金プランをまとめた資料です。
「Microsoft 365」についても紹介しています。

資料をダウンロードする

NVIDIA製GPU搭載
高性能・高火力の専用サーバー!
「Tesla V100」「RTX-5000」「RTX-4000」

▶ プランを見る

関連記事

サーバーの基礎知識

TOP