新しい働き方で注目が高まるシンクライアント。仕組みやメリットは?

仮想デスクトップ

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大もあり、テレワークやリモートワークなどのオフィスに出社しない働き方が急速な広がりを見せています。

そういった中で注目されている仕組みの一つがシンクライアントです。

 

データがすべてサーバー上にあるシンクライアントの導入は、テレワークやリモートワークの実現だけでなく、セキュリティの向上などいろいろなメリットがあります。

今回は時勢の背景もあり注目されているシンクライアントについて解説します。

シンクライアント

シンクライアントって?

シンクライアントとはどういったものなのでしょうか。

そして、導入が進む背景には何があるのでしょうか。改めて考えてみましょう。

 

シンクライアントとは

普通のパソコンは、ユーザーが利用する端末のハードディスクにOSやさまざまなアプリケーションが入っており、ほとんどの処理を端末上で行っています。

これに対してシンクライアントは、「クライアント端末では最小限の処理を行い、ほとんどの処理をサーバーで行う」といった特徴があります。

シンクライアントは、後ほど紹介するように仕組みによっていくつかの種類に分かれますが、基本的に「端末では情報を処理せず、サーバー上で行うもの」です。

導入が進む背景

なぜ今シンクライアントが注目され、導入が進んでいるのでしょうか。その背景には、以下のようなものがあります。

 

セキュリティ向上

端末上にデータが保管されないので、外部への漏洩などを防ぐことができる。

BCP(事業継続性計画)におけるメリットがある

端末上ではなく、サーバー上にOSやデータが保管されるため障害時などにも、サーバーに接続できればサービスを迅速に復旧できる。

テレワークやリモートワークなど柔軟な働き方への対応

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅勤務、子育て・介護などによる多様な働き方のニーズの影響。オフィス以外の自宅などから接続する際に、セキュリティや利便性の確保などが確保できる。

 

このようにシンクライアントが注目されるようになった背景には、セキュリティの向上などだけではなく、新型コロナウイルスなど世の中の状況も大きく関係していると考えられます。

シンクライアントの仕組みや種類

サーバー上にデータを置き、リモートで使えるようにするシンクライアントですが、具体的にどういった仕組みになっているのでしょうか。

シンクライアントには、大きく分けて以下の2つの種類があります。

ネットブート型

サーバー上にイメージファイルを配置し、端末上にネットワーク経由でそれらを起動して利用する方法です。

画面転送型

サーバーでOSやアプリケーションを起動するといった処理を行い、画面をネットワーク経由で転送して表示する方法で、現在の主流となっています。

 

これらの2つの方法を踏まえた上で、現在主流となっている「画面転送型」についてもう少し詳しくみていきましょう。画面転送型には、大きく分けて以下の3つがあります。

ブレードPC型

シンクライアント端末ごとにブレードサーバと呼ばれるサーバーを設置する方法。ユーザーごとに専用サーバーが存在するのでパフォーマンスは良いが、高価になる。

サーバーベース型

端末で利用するアプリケーションやサービスをサーバーで稼働させ、各シンクライアントで共有して利用する方法。コストはそれほどかからないが、リソースを共有することによるパフォーマンスへの影響、共有のためのアプリケーションの対応など考慮すべき点がある。

デスクトップ仮想化(VDI)型

VMware、Xen Serverなど仮想化技術を活用して、サーバー上に必要な分の仮想デスクトップ環境を構築し、クライアントから接続して利用する方法。リソースを独立して利用できるため利便性が良く、比較的パフォーマンスも良い。ただし、ライセンスや仮想環境を置くストレージなど、比較的コストが上がる傾向がある。

シンクライアントのメリットやデメリット

通常のパソコンと比べるとシンクライアントにはいろいろなメリットがあります。

しかし、その反面、デメリットもあります。以下では、それらを整理してみましょう。

 通常のパソコンシンクライアント
メリット・サーバーは不要
・端末のみなので安価
・セキュリティレベルが高い
・BCPにおけるメリット
デメリット・セキュリティが低い
・障害でデータが失われる
・障害時の復旧が遅い
・サーバー導入が必要で高価
・ネットワークが停止すると使えない

シンクライアントのメリット・デメリット

シンクライアント専用端末について

シンクライアントを使うには、一般的な普通のパソコン以外に専用のシンクライアント端末を使う方法があります。

シンクライアント専用端末は、普通のパソコンとは違う以下のような特徴があり、各社からリリースされています。

 

・OSが違う(組込用のWindowsなど)
・端末にデータを保存する仕組みがない

 

とくに通常の端末と異なり、データを保存する仕組みがないという専用端末の特徴は、シン(Thin)クライアントというように名前の由来ともなっています。ちなみに通常の端末はファット(Fat)クライアントと区別されます。

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大や、テレワークやリモートワークなどライフスタイルに合わせた多様な働き方へのニーズが増えた結果、シンクライアントが改めて注目されるようになっています。

 

シンクライアントは、端末上で処理を最小限しか行わずサーバー上にデータを置いて処理させることで、データ流出を防ぐセキュリティレベルの向上、事業継続性でのメリットなど多くの利点があります。

シンクライアントには、いくつかの方法があるので、使い方や目的に合わせて導入を検討することをおすすめします。

コロナウイルス・テレワーク

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP