迫るWindows Server 2012/R2のサポート期限。対応は出来ていますか?

Winserverは、Windows Server専門のレンタルサーバーを提供するホスティング事業者です。

Windows Serverは、Windows PCと親和性の高いサーバーOSとして幅広く使われています。

もしかすると、あなたの会社でも使われているかもしれません。

 

Windows Server 2012/R2のサポート期限が2023年10月に迫っており、計画的な対応が必要となっています。

サポート期限が終了してしまうとさまざまな問題が発生します。

今回は、迫るWindows Server 2012/R2のサポート期限に対して、期限切れになるとどういったリスクがあり、どのように対応を進めるべきなのか、詳しく解説します。

Windows Server 2012/R2 サポート期限切れ

Windows Server 2012/R2とは

Windows Server 2012は、2012年9月5日にマイクロソフトがリリースしたサーバー向けOSです。

クライアント用OSとしては、Windows 8のサーバー向け、という位置づけです。

2013年10月17日に、Windows Server 2012 R2がリリースされました。

9年前にリリースされたOSとなるWindows Server 2012/R2ですが、いまだに国内で58万台(2020年9月現在)と幅広く利用されています。

サポート期限切れが近づくWindows Server 2012/R2

Windows ServerのベンダーであるMicrosoftは、自社製品に対してサポート期限などのサポートスケジュールを設けています。

Microsoftのサポートスケジュールには、以下の2種類があります。

メインストリームサポート

セキュリティ以外の更新も行われる

延長サポート

セキュリティ関連のみ更新が適用される

Windows Server 2012/R2のサポート終了日

Windows Server 2012/R2は、既に2018年10月9日をもって、メインストリームサポートは終了となっています。

そして今回、2023年10月10日に延長サポートの終了を迎えます。

サポート期限切れのリスクとは

2023年10月に延長サポートが切れてしまうWindows Server 2012/R2。

延長サポートが切れるとどういったリスクがあるのか、詳しく説明します。

 

まず、サポートが切れると以下のような状態となります。

・セキュリティパッチ等が提供されなくなる
・ベンダーからのサポートが受けられなくなる
→トラブル発生時などにMicrosoftからのサポートが受けられなくなる

こういった問題が発生すると、以下のようなビジネスリスクが発生します。

      • OSの脆弱性を悪用した攻撃などがあっても対応できない
        →情報の漏えいなどが発生するリスク
      • サポートが受けられない
        →障害などでシステムが停止しても回復できず、ビジネスが停止してしまうリスク

サポート期間が切れてしまうことによるリスクは、このようにビジネスに大きな影響をもたらす可能性があるのです。

注意

どんな対応をすれば良い?

2023年10月と聞くと、まだかなり余裕があるように思うかもしれません。

しかし、サーバーに関しては、通常使用しているパソコンを買い換えるのとは勝手が違います。

それを踏まえてどのように対応すれば良いのか、対応方法を説明します。

更新対応の進め方とは

サーバーとは、他のコンピューターにサービスを提供するものです。

更新を行う場合には、一般的なパソコンと比べると、慎重かつ計画的に時間をかけて行う必要があります。

以下のように進めることが好ましいです。

    1. 方法や機器の選定
    2. 設計
    3. 構築作業(OS、アプリケーション等のインストール)
    4. 各種テスト
    5. 現行環境からのデータ移行
    6. 利用者教育
      など

これらを進めるには、サーバーの利用規模にもよりますが、一般的に半年から1年くらい、あるいはそれ以上の期間がかかります。

打ち合わせ風景

対応の方法とは

OSとしてのWindows Server 2012は、今から9年前の2012年にリリースされたものとご紹介しました。

一般的にサーバー機器の更新は3年から5年で行われることを考えると、サーバー機器はそのまま利用し、OSだけを更新するというのは現実的ではありません。

そこで今回は、以下のような対応策をご紹介していきます。

      • 物理サーバーの換装
      • VPSへの移行
      • クラウドサービスへの移行
      • 別OSへの切り替え

これらの方法は、いずれもメリットもあればデメリットもあります。次項で詳しく触れていきます。

メリットとデメリット

前項で触れたように、Windows Server 2012/R2のサポート期限切れに対する対応方法には、いろいろなケースが考えられます。

ここではそれらを具体的に挙げ、比較していきます。

 メリットデメリット
物理サーバ換装パフォーマンス:◎
運用方法は変わらない
高価
固定資産となる
VPS移行パフォーマンス:○
安価
システム拡張性:△
クラウド移行パフォーマンス:○
比較的安価
システム拡張性:○
特になし
他OS移行将来的にコスト削減となる可能性システムの大幅な更改となる
使い勝手が変わる

このように、移行方法はいくつかありますが、それぞれの良いところ、そうでないところがあります。

結局どのケースで対応すれば良い?Windows Server サポート切れの対応方法とは

サポート期限切れへの対応をみてきましたが、どの方法を選択すれば良いのでしょうか。

これは、サーバーの利用用途、利用状況によっても変わってきます。

高い処理能力が必要

大規模なデータベース処理など、高い性能を求める場合は、「物理サーバー換装」がおすすめです。

コストパフォーマンスの良さ

コストパフォーマンスの良さを求める場合は、システム規模によって切り分けます。

Webサーバー1台など規模が小さい場合はVPSがおすすめです。

複数台のサーバーなど、ある程度大きな規模の場合は、クラウドサービスへ移行すると良いでしょう。

まとめ

2023年10月にWindows Server 2012/R2の延長サポートが終了します。

サポート期限が終了してしまうと、マイクロソフトからセキュリティパッチの提供がなくなるなど、セキュリティ面での高いリスクを抱えることとなります。

サポート期限切れに対する対応方法は、今回解説したように目的や状況によっていくつかの方法があり、それぞれメリットやデメリットが存在します。

サーバーの利用状況等に合わせて適切な対応方法を選択し、サポート期限が来る前に計画的に対応するようにしましょう。

Winserverがサポート期限切れの対応をお手伝い!

Winserverは、Windows Server専門のレンタルサーバーを提供しています。

今回ご紹介したWindows ServerのOSサポート切れの際にも、サーバーの換装やVPS/クラウドへの移行など、Winserverがお手伝いいたします。

現在、当社のサーバーをご契約中のお客様はもちろん、他社様のサーバーをご契約中で、OSがWindows Server 2012/R2の方でも、サポート期限切れの対応を承ります。

サポート期限切れの対応方法についてお悩み中の方、まずは一度ご相談ください。

お問い合わせは一切料金をいただいておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

「GPU搭載 専用サーバー」
AI開発・ディープラーニングに最適
NVIDIA製GPU「Tesla」を搭載

詳細はこちら

関連記事

テレワークにおすすめ!

当社人気No.1サービス!

Winserver TOPページへ

お問い合わせフォーム

TOP