インターネットには欠かせないDNSサーバー。DNSって実はこんなにシンプル!

ブラウザを使ってWebサイトを閲覧するときは、URLを入力する必要があります

しかし、本当はURLだけでは直接インターネット上のWebサイトに接続することはできません

必ずIPアドレスが必要となります。

この課題を解決する仕組みがDNSです。

 

今回は、一見複雑でややこしいと思われていることも多い、DNSDNSサーバーの仕組みについてわかりやすく解説します。

DNSサーバー

DNSとは

DNSとは、どういったものでどんな役割を果たしているのでしょうか。

まずはDNSに関連するキーワードであるドメイン名IPアドレスや、DNSの概要について確認しておきましょう。

 

ドメイン名とIPアドレス

DNSを説明する上で避けて通ることのできないものが2つあります。

それは、「ドメイン名」と「IPアドレス」です。

 

ドメイン名

aaa.bbb.comのような文字列で表されるもの。URLもドメイン名になります。

IPアドレス

192.168.0.1のような数字で表されるもの。

 

実は、ネットワークに接続される機器には、(例外もありますが)全てこのIPアドレスが割り当てられています。

Webサイトが設置されているコンピュータにもIPアドレスが割り当てられています。

そして、ドメイン名では接続先のコンピュータを特定することは出来ません

DNSとは

ネットワークに接続される機器には、IPアドレスが割り当てられていますが、実際にはブラウザでIPアドレスを入力することはほとんどなく、ドメイン名を入力しています。

ですが、ドメイン名では接続できないのではなかったのでしょうか

 

ここで、大きな役割を果たしているのが「DNS」です。

DNSは、「IPアドレスドメイン名の変換(名前解決)」を行なっています。

これにより、ブラウザにドメイン名を入力するだけで相手先のWebサイトに接続できるようになっているのです。

DNSがなかったらどうなる?

では、もしDNSがなかったらどうなるのでしょうか?

以下のようなケースが考えられます。

ドメイン名を使ったネットワーク接続が使えなくなる
WebサイトなどはすべてIPアドレスで接続するようになる

 

しかし、単なる数字の羅列であるIPアドレスを覚えておくことは非常に困難であり、現実的ではありません。

こうした点を考えても、DNSはもはや不可欠な存在であると言えます。

 

DNSの名前解決のしくみ

「ドメイン名とIPアドレスの変換を行う」というDNSの役割は、インターネットでは欠かせないものです。

では、この名前解決はどういった仕組みになっているのでしょうか。

 

名前解決の流れ

DNSを使って名前解決を行う場合は、以下のような流れで行います。

 

①同じドメイン内での解決

端末「aa.sub.domain.com」から「bb.sub.dommain.com」の名前解決を行う場合、同じドメインにあるDNSサーバーのみで名前解決を行うことができます。

①同じドメイン内での解決

 

②上位ドメインに問い合わせる

今度は、端末「aa.sub.domain.com」から上位ドメインの「bb.dommain.com」の名前解決を行う場合です。

こういった場合、最初の「sub.domain.com」のDNSサーバーは、上位ドメイン「domain.com」のDNSサーバーに問い合わせを転送します。

そして回答を「domain.com」のDNSサーバーから受け取ります。

②上位ドメインに問い合わせる

③ルートドメインに問い合わせる

①②のいずれでも解決できない場合、たとえば「yahoo.co.jp」に問い合わせるといったケースでは、世界中に13クラスタあるルートサーバーに問い合わせます。

ルートサーバーは、DNSサーバーの最も上位に位置するものです。

③ルートドメインに問い合わせる

 

名前解決の流れは理解できましたでしょうか?

正引きと逆引き

DNSとは、「IPアドレスとドメイン名を変換」するものと説明をしてきましたが、DNSには大きく分けて2つの種類があります。

正引き

ドメイン名→IPアドレスに変換

逆引き

IPアドレス→ドメイン名に変換

 

この2つを組み合わせることで、ドメイン名とIPアドレスの相互変換を実現しています。

 

DNSレコードとは

DNSサーバーの概要と名前解決の仕組みがわかったところで、実際にDNSサーバーを構成している要素について見ていきましょう。

 

DNSサーバーの構成要素

DNSサーバーは、大きく分けて以下の2つの構成から成り立っています。

ゾーン

正引き、逆引きのゾーン

レコード

ゾーン内で、各端末のドメイン名とIPアドレスの組み合わせ情報を持っている。

 

DNSレコードの種類とは

ゾーン内の各レコードには役割に応じていくつかの種類があります。

レコード名役割備考
Aレコードホスト名に対応するIPアドレスを指定
PTRレコードIPアドレスに対応するホスト名を指定
AAAAレコードAレコードと役割は同じだが、IPv6アドレスを指定
SOAレコードドメインの管理情報を指定
NSレコードゾーンのネームサーバーを指定
MXレコードドメインのメールサーバーを指定メールサーバがない場合は不要
CNAMEレコードドメインやホスト名の別名を指定
TXTレコードテキスト情報を指定
SPFレコードメールがなりすましでないことを証明するためのレコード。メールサーバがない場合は不要
SRVレコードActive Directoryで使用Active Directoryを使わない場合は不要

 

勉強

まとめ

かつて、DNSがなかった頃は、通信を行う場合はIP端末を直接打ち込むか、各端末にIPアドレスとホスト名の紐付きが書かれたファイルを置く(hostsファイル)必要がありました。

しかし、「IPアドレスドメイン名を変換する」DNSの仕組みは、こういった問題を解消する非常に画期的なものでした。

 

DNSは、一見とても複雑な仕組みに思えますが、「基本は自分のドメインは自分で解決する」「出来ない場合は上位のDNSサーバーに問い合わせる」といった2つの考えに基づいた比較的シンプルなものです。

 

IPアドレスドメインを名前解決するDNSは、IT分野では欠かせない技術です。

しっかりと理解しておくようにしましょう。