Webスクレイピングとは。自動収集と分析技術でビジネスや研究に活かす!

Webスクレイピング」とは、インターネット上にある多種多様な情報を自動的に収集し、抽出する技術です。

現代のビジネス戦略では、情報の収集と分析が不可欠であり、Webスクレイピングはそのために欠かせない技術となっています。

Webスクレイピングを使うことで、マーケットの動向や競合他社の戦略、消費者のニーズなど、さまざまな価値ある情報を取得することが可能です。

今回は、こうしたWebスクレイピングの基本的な内容からデータの収集における注意点などさまざまな内容について解説し、あわせてビジネスや研究の手助けとなるよう解説します。

Windows VPSならWinserver!
★丁寧な電話サポートで安心★
\ 2週間無料でお試しできます! /
Windows VPSを使ってみる

Webスクレイピングの仕組み

まず、Webスクレイピングがどのようなものであるか、及び単なる「スクレイピング」とどう違うのかを見ていきましょう。

Webスクレイピングとは?

Webスクレイピングとは、インターネット上に存在するWebページから情報を収集し、抽出する技術です。

一般的にWebページはHTMLやXMLで記述されていますが、Webスクレイピングでは、こうしたものから特定の情報やデータを抽出します。

この際には、プログラミングやスクリプトを活用して必要な情報を取り出しています。

こうしたWebスクレイピングを活用して、例えば情報収集やデータマイニング、競合分析、マーケットリサーチなどを通して多くのデータを分析し、ビジネス上の意思決定や戦略立案に生かされています。

ただし、Webスクレイピングを行う際には、対象となるWebサイトの利用規約を守らないと違法行為になってしまう可能性があるため注意が必要です。

スクレイピングとの違い

Webスクレイピングとよく似た言葉に、「スクレイピング」というものもあります。

2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

基本的にWebスクレイピングとスクレイピングは、言葉は似ていますが概念は違います。

以下、主な違いについて解説します。

スクレイピング

    • 一般的な情報収集の手法の一つ
    • Webページ以外のテキストファイルやデータベース、APIなどからも情報抽出ができる
    • 手動、もしくは自動化されたプログラムによって行われる
    • 特定の技術やツールに依存しない幅広い情報収集の手法

これに対して、Webスクレイピングは以下のようなものです。

Webスクレイピング

    • スクレイピングの中の一つであり、主にWebページから情報収集する
    • PythonやJavaScriptなどのプログラミング言語を使用して自動化される
    • HTMLやCSSの解析、HTTPリクエストの送信といったWeb特有の技術を使用

このようにしてみていくと、「Webスクレイピングは、スクレイピングの手法の中の一つの方法」であることがわかります。

\ 2週間無料でお試しできます! /
Windows VPSを使ってみる

Webスクレイピングではどんな情報が収集できる?

Webスクレイピングを行うと、どのような情報を集めることができるのでしょうか。

ここでは、集められる情報の種類や集めるための手法について解説します。

取得できる情報の範囲と種類

Webスクレイピングで取得できる情報や、その範囲にはさまざまなものがあります。

主に以下のようなものがあります。

テキスト情報ウェブサイトの本文やニュース記事の内容など
画像情報Webページの画像ファイルや商品、サービスなどの写真
リンク情報ウェブサイト内のリンクURLや関連ページへのリンク
表形式のデータHTMLテーブルからの情報取得
商品価格や特徴などの情報
WebサイトのメタデータHTMLやメタタグなどのタグ情報
Webサイトのキーワードや説明、タイトルなど
動画や音声の情報YouTubeなどのファイル
ウェブサイト上の動画や音声のURL
ソーシャルメディアのデータTwitter, Facebookなどの投稿やコメント
ユーザープロファイルやフォロワー数などの情報
地理情報地図サービスからの地理情報やルート情報
イベントや店舗の位置情報

こういった情報を取得し、活用することでマーケット分析、競合分析、顧客行動の予測、商品やサービスの評価など、さまざまな用途に活用することができます。

ただし、後述しますが、こうした情報には扱いに注意すべき点もあります。

Webスクレイピングの手法とツール

ここでは、Webスクレイピングがどのような方法で行われるのかを見ておきましょう。

一般的にWebスクレイピングは、以下のような手法で行われます。

    • 手動スクレイピング手作業やブラウザの開発者ツールを使う
    • 自動化スクリプトPythonやJavaScriptなどを使って抽出する
    • APIの活用Webサイトが提供しているAPIを使う
    • クラウドベースのスクレイピングツールの活用import.ioやOctoparseなどクラウドベースのツールの活用
    • ウェブスクレイピングサービスの活用専門のサービスとして提供されているものの活用 

こうしたものをうまく活用することで適切かつ効果的に情報を集めることができます。

情報取扱いの注意喚起

先ほど解説したように、Webスクレイピングによって集められる情報にはさまざまなものがあります。

中には取り扱いに注意が必要なものもあります。

Webスクレイピングによって取得した情報の取り扱いと管理は、以下のような点を注意しましょう。

    • 著作権やサイトの利用規約に違反していないか
    • データが正確で信頼性があり、かつ古いまたは誤った情報ではないか
    • 個人情報や機密情報を含むデータを取得しないよう注意し、取得したデータの匿名化を行う
    • 公正な競争とビジネスエシックスの遵守
    • データの保管や管理は暗号化など適切なセキュリティ対策を行う
    • 法的な制約や規制の遵守

Webスクレイピングが活用できる場面は?

情報を集めるWebスクレイピングは、さまざまな分野や場面で活用できる手法です。

具体的にどのようなケースで利用できるかを見ていきましょう。

Webスクレイピングは、例えば以下のようなケースで有効に活用することができます。

    • マーケットリサーチとして競合他社の情報や顧客のレビュー等を把握する
    • 売上データなどから市場予測などを行うビジネスインテリジェンスへの活用
    • ニュースやメディアを分析し、トレンドを把握する
    • 偽の口コミやレビューなど不正行為の監視を行う
    • 地図データや地理情報からの地域の人口統計などの分析
    • アカデミックな分野での論文や研究データの分析
      など

これ以外にも、さまざまな面での活用が考えられます。

\ 2週間無料でお試しできます! /
Windows VPSを使ってみる

Webスクレイピングの活用での注意点

Webスクレイピングには、先程の情報の取り扱いも含めていろいろな点で注意すべきことがあります。

ここでは、先程からの内容も踏まえて、それらについて整理をしました。

    • スクレイピングが許可されているかも含めて著作権法などを遵守していること
    • 適切な間隔でのリクエストの送信など、サーバー負荷に配慮する
    • データの取得元や更新頻度などを考慮し、信頼性が高く新しい情報を得る
    • 個人情報や機密情報などを取得しないようにする
    • データの保護や暗号化など適切なセキュリティ対策を行う
    • 不正な手段で競合他社の情報を取得するなど、公正な競争を阻害する行為をしない

Webスクレイピングを使う場合は、こうした点には注意と配慮が必要ですので、覚えておきましょう。

最新の動向と将来展望

最後にWebスクレイピングの最新の動向や今後の展望を見ていきましょう。

どのような進化が予想されるでしょうか。

具体的な将来展望は、以下のように予測されます。

<AIとの融合>
機械学習や自然言語処理技術などのAI技術とWebスクレイピングを組み合わせることで、より高度な情報収集や分析ができるようになる

<ブロックチェーン技術の活用>
ブロックチェーン技術を活用することで、データの透明性や信頼性が向上し、データの改ざんや偽造の防止が行えるようになる

<IoTデバイスとの連携>
IoTデバイスとWebスクレイピングの統合により、さらにリアルタイムで正確な情報の収集と分析が行えるようになる

<データの可視化とインサイトの発見>
現在以上に、データの可視化や分析、インサイトの発見を行うためのツールが進化し、より深い分析が可能となっている

将来の技術の進歩とともにWebスクレイピングは、さまざまな新しい技術をもちこんで、より効率的で安全な情報収集や、深い分析を行うことでビジネスや研究の分野で新たな可能性を開いていくことでしょう。

\ 2週間無料でお試しできます! /
Windows VPSを使ってみる

まとめ

多くの情報がインターネット上にあり、日々更新されていく現代ではWebスクレイピングの技術は、ビジネスや研究などに非常に重要な役割を果たしています。

この技術を使うことで、多くの情報を単に収集するだけでなく、市場の動向、競合分析、顧客の動向などの深い洞察を提供し、企業戦略の策定に役立てることができます。

そうした中で、今回も解説したようにWebスクレイピングにはデータの管理におけるセキュリティや法的規制に注意が必要です。

しかしながら、Webスクレイピングは、非常に強力なもので、その活用によってビジネスや研究などで大きな力を発揮するため、適切な方法で情報を収集し、法的・倫理的な基準を遵守しながら活用することで大きな成果を上げることができるでしょう。

Windows Serverは「Winserver」にお任せ!

Winserverは、国内で20年以上の提供実績がある、Windows Server専門のホスティングサービスです。

Microsoft認定のホスティングパートナーで、シルバークラウドプラットフォームコンピテンシーを取得しております。

サーバー稼働率も99.99%と、安心感と安定性を求める方に最適です。

「最適なプランの選び方で迷う」「複数のサーバーの運用で困っている」などのお困りごとを、サーバー導入前から専門のスタッフがサポートするため、初心者の方でも安心して利用することができます。

法人・個人問わずに利用者が増えており、今もっとも注目すべきおすすめのホスティングサービスです。

 Winserverを使ってみる

Winserverならスケールアップも可能!

Winserverでは豊富なストレージ容量でプランを提供しておりますが、万が一スペックが足りなくなった場合はストレージ容量を増加することができる「ストレージ追加オプション」や、「スケールアップ」による上位プランへの変更も可能です。

また、専用サーバープランを利用することで、帯域保証のある回線をご利用いただけます。

ネットワークの安定性高速性を重視しており、お客様のビジネスに最適な環境を提供しております。

ご希望やご要件に応じたプランをご検討いただき、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

Winserverはサポートも充実!

Winserverでは、お客様一人ひとりにあわせて最適なサービスプランをご提案いたします。

電話やメールによるサポートが充実しており、VPSやクラウドを初めてご利用の方の疑問にも専門のスタッフが丁寧にお答えします

相見積もりも歓迎です。

「サーバーを使ってみたいけど、最適なプランがわからない…」

プランの選択にお困りの際は、ぜひ一度メールやお電話にてお気軽にご相談ください。

 お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ:0120‐951‐168
           【 平日 】9:00~12:00 / 13:00~17:00

VPS紹介資料

VPS紹介資料

Winserverで一番人気のVPSの概要、特徴、料金プランをまとめた資料です。
Windows VPSの他、オンラインセラー向けの「PRIMA VPS」や、会計専用ソフトをインストールした「VPS for 会計ソフト」などについても紹介しています。

VPS紹介資料

VPS紹介資料

Winserverで一番人気のVPSの概要、特徴、料金プランをまとめた資料です。
Windows VPSの他、オンラインセラー向けの「PRIMA VPS」や、会計専用ソフトをインストールした「VPS for 会計ソフト」などについても紹介しています。

資料をダウンロードする

NVIDIA製GPU搭載
高性能・高火力の専用サーバー!
「Tesla V100」「RTX-5000」「RTX-4000」

▶ プランを見る

関連記事

サーバーの基礎知識

TOP