サーバー構築にはどのくらいかかるの?方式と費用の相場を解説!

メールやWeb、データベースなど、さまざまなITサービスを提供する仕組みにはサーバーが不可欠です。

サーバーを設置して利用するには、専門家による構築作業が必要となり、相応の費用が発生します。

オンプレミスやクラウド、VPSなどの形態、そしてメールやWebなど、サービスの種類によってサーバー構築の費用は大きく変わってきます。

では、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回は、サーバー構築にかかる費用の相場や費用計算について解説します。

サーバー構築

サーバーの種類とかかる費用について

まず、サーバーの種類によってかかる費用の差について大まかに見ておきましょう。

物理サーバーと仮想サーバーの違い

サーバーを構築する場合、最初に選択するのは「物理サーバー」か「仮想サーバー」です。

物理サーバー(オンプレミス型)

物理機器としてのサーバーを購入するもの。

初期コストは高価だがパフォーマンスが良く、インターネット環境がなくても利用できる。

仮想サーバー

クラウドやVPS。初期コストが安く、パフォーマンスも比較的高い。

ただし、インターネット接続が必要となります。

目的や用途、予算に合わせてこれらを選択した上で、サーバー構築を行います。

用途による違い

Webサーバーやメールサーバーなど、サーバーにはさまざまな用途があります。

構築を行う場合は、そういった用途によっても費用が変わってきます。

例えば、用途には以下のようなものがあります。

      • Webサーバー
      • メールサーバー
      • データベース
      • ファイルサーバー
        など

これらのサーバーは、種類によって必要となる技術や手間、期間などが大きく異なります。

そのため、実際に導入・構築をする場合には費用がかなり変わってきます。

構築費用で計算するポイントとは

サーバー構築にかかる費用を計算する場合には、考慮すべき要素があります。

実際に必要となる要素は大きく分けて以下の2つです。

      • 機器費用
      • 作業の人件費

具体的に、これらには以下のようなものが含まれます。

<機器費用>

実際に購入するものの費用の一例となります。

      • サーバー機器の費用
      • ネットワーク機器など周辺機器の費用
      • ケーブル等の費用
      • ソフトウェアの費用
        など

<人件費>

構築に関わる作業に伴う人件費の一例となります。

      • 要件定義
      • 設計
      • 構築
        など

計算

各サーバーの構築費用の相場

サーバー構築に関わるそれぞれの要素を理解したところで、次はそれぞれの要素の費用相場を見ていきましょう。

<機器費用>

実際に購入した場合の費用の相場をご紹介します。

サーバー

サーバー費用は、エントリーレベルであれば10万円台からありますが、多くの企業で採用されるのは20万円台からのものとなります。

高スペックのものとなれば数百万のサーバーもあり、目的や用途、規模などに応じて費用が変わります。

ネットワーク機器

ネットワーク機器も、サーバー同様に小規模の事業所等で使われるエントリーレベルのものは数万円程度で購入可能です。

ですが、一般的な企業等ではもう少し高価なものが採用されることが多いでしょう。

機器は安価なものはいくらでもあります。

しかし、ビジネス利用されるものは信頼性のある比較的高価なメーカーのものとなるのがセオリーです。

比較的高くても信頼性を、というのがビジネス利用では常識と言えるでしょう。

<人件費>

ここは、構築するサーバーの種別によって変わります。

その上で、物理サーバーを使う場合は、設置費用等も必要となります。

Webサーバー

10万円程度を見積もっておくと良いでしょう。

メールサーバー

メールサーバーは、Webサーバーに比べると技術的に高度なものが必要となります。

なりすまし対策などのセキュリティ対策などもかなり綿密に行う必要があるので、15万円程度を見積もっておきましょう。

データベース

データベースは、非常に高度な技術が必要となりmす。

設計から綿密に行い構築を行う必要があるので、30万円程度を見積もっておきましょう。

他にもかかる想定費用

OSにWindows Serverを採用する場合には、ライセンス利用料がかかってきます。

他にも、サーバー構築には、上記に付随して設計費用、テスト費用がそれぞれ発生します。

そして、忘れがちですが、考慮しておく必要があるのが、構築後の運用保守費用です。

一般的に運用保守費用の目安として、構築費用の10〜15%の月額費用となり、対応範囲が決められています。

万が一、対応範囲を超える場合の運用保守については、別途費用が必要となるケースが一般的です。

これ以外にも物理サーバーの場合は、一定期間ごとの保守点検や、5年毎程度の機器の入れ替えが発生するので、念頭においておきましょう。

クラウドの選び方とは

クラウドの場合は、機器の設置費用がなくなるので、その分初期費用が安価になります。

ただし、クラウドサービスの利用料として、ランニングコストが毎月かかってきます。

一般的にクラウドの月額利用料は、使用しただけかかってくる従量課金制が多いため、明確にいくらということはできませんが、小規模システムにおける相場としては数千円から数万円が一般的と言えるでしょう。

クラウドイメージ

まとめ

サーバーは、メールやWeb、データーベースなどIT関連のさまざまなサービスを利用するためには欠かせないものです。

しかし、その構築費用の相場や費用の計算の仕方についてはわかりにくいというのがほとんどの人の感覚ではないでしょうか?

サーバー構築費用は、大きく機器の費用と作業にかかる人件費に分けられます。

そして、サーバーの種別や用途によってそれらは大きく変わってきます。

また、サーバーの構築完了後も運用メンテナンス費用や定期的な点検、機器の入れ替えなどいろいろな費用がかかってきます。

物理サーバーやクラウドなどの選択をすることはもちろん、目的にあった規模のサーバーを選択し、費用対効果を高めることが大切です。

「GPU搭載 専用サーバー」
AI開発・ディープラーニングに最適
NVIDIA製GPU「Tesla」を搭載

詳細はこちら

関連記事

テレワークにおすすめ!

当社人気No.1サービス!

Winserver TOPページへ

お問い合わせフォーム

TOP