サーバーリプレースはいつ行えば良い?適切なタイミングとは

人が使うさまざまなものは時間の経過とともに古くなり壊れていきます。

利用者に多様なITサービスを提供しているサーバーも同じです。

そのため、サービスを継続的かつ安定して提供していくためには、機器を更新して常に利用者が気持ちよく快適に使えるようにし続ける必要があります。

これがサーバーのリプレースです。

では、サーバーのリプレースはいつ、どのようなタイミングで行えばよいのでしょうか。

今回はサーバーのリプレースとタイミングについて解説します。

サーバー リプレース

なぜサーバーリプレースが必要なのか

サーバーなどコンピューターは、定期的に更新(リプレース)が必要となると言われます。

なぜこういったことが必要となるのでしょうか。

サーバーリプレースとは

どんな機械でも長く使うと古くなり、故障などが増えてきます。

サーバーも同じです。

老朽化したサーバーを新しいものに置き換えることで、再び元のように適切に利用できるようにするのがサーバーリプレース(サーバーリプレイス)です。

リプレースは「交換」「置き換え」を意味しており、IT業界では「サーバー換装」と言われることもよくあります

リプレースが必要な理由

サーバーのリプレースはなぜ必要なのでしょうか。

機器の老朽化含めてさまざまな理由がありますが、大きくは以下のような理由からリプレースが必要です。

      • 老朽化に伴う故障の発生確率の高まり
        →故障により停止するとビジネスの機会損失などに直結する
      • ビジネスの生産効率の低下
        →処理能力の低下などによる生産性の低下
      • ソフトウェア、ハードウェアの保証の終了
        →ベンダーによるサポート終了などによるセキュリティなどのリスク増加
        など

サーバー換装

リプレースのタイミングは

さて、サーバーのリプレースは定期的に必ず発生するものだと説明しました。

では、実際にサーバーのリプレースを行う場合、具体的にどういったタイミングで行えばよいのでしょうか。

リプレースのタイミングは決まっている?

結論から言うと、サーバーのリプレースのタイミングは厳密には決まっていません

一般的には「5年程度」の目安で換装作業を行うことが多いようです

しかし、この「5年程度」というタイミングの目安についても、機器の利用法や重要性などで大きく変わってきます。

具体的に関係する指標としては以下のようなものがあります。

      • 機器の重要性:24時間/365日稼働すべき重要なシステムかどうか
      • 必要な処理能力:重い処理を継続的に行っているか
      • 負荷の度合い:継続して負荷のかかる処理を行っているかどうか
      • 障害の場合の影響範囲:障害が発生した場合の影響範囲が広いかどうか
      • 予算があるかどうか:換装の予算が計上できるかどうか
      • ソフトウェアのサポート期限
        など

このように、さまざまな指標を元にしてサーバーのリプレースのタイミングを決定します。

タイミングの考え方とは

リプレースのタイミングは、一般的に何年と決まったものではないが、目安としては5年程度と説明しました。

しかし、その中で具体的に先程の指標を加味するとどのように考えると良いのでしょうか。

<5年より短期で>

5年と言わず、より短いスパンでの入れ替えをおすすめするケースとしては、以下のようなものがあります。

      • 24時間365日での稼働が必要な重要サービス
      • 高速でかつ重い処理をしているシステム
        など

<5年程度で>

一般的な5年程度で入れ替えをおすすめするのは以下のようなケースです。

      • 一般的な企業の基幹システム
      • メールサーバー
        など

<5年より長く>

あまりないですが、もう少し長くても良いケースは以下のようなものです。

      • 予算取りが厳しい場合
      • Webサーバーなどでアクセスが少なく負荷が低い
        など

 

このように適宜、状況や目的に合わせてサーバーリプレースのタイミングを決めることが大切です。

また、実際にサーバーリプレースを進める際には、しっかりとしたスケジュールに基づいて計画的に進めることが不可欠です。

できれば、サーバーに故障が発生してからリプレースを考えるのでなく、事前に計画的に進めていくことも大切なポイントです。

リプレースでクラウド移行を考えるのはあり?

最近、サーバー換装時に従来型の物理サーバー(オンプレミス)を選択するのでなく、クラウドを選択するケースが増えています。

こういった考え方はありなのでしょうか。

結論から言うと、サーバー換装時にクラウド移行を行う選択は、「あり」です。

それは、以下のような理由です。

      • 導入や運用のコスト削減が可能
      • 保守、メンテナンス等が減る(クラウド業者が行う)

ただし、以下のようなデメリットもあります。

      • 自社でさまざまなカスタマイズを行っている場合は、移行が難しいケースがある
      • インターネットに常時接続されている必要がある

このように、クラウド移行は多くのメリットもありますが、デメリットも存在します。

目的や状況に、上記のメリット・デメリットを加味して検討を行った上で進めることが大切です。

クラウド移行

まとめ

物は少しずつ老朽化していき、故障などが多くなります。

さまざまなITサービスを提供しているサーバーもそれは同じです。

サーバーの故障を回避するために、定期的に機器を交換するのがサーバーリプレースです。

 

一般的に、サーバーのリプレースは「5年程度」が目安と言われています。

しかし、今回紹介したように使い方によっては、より早いタイミングで交換したほうが良いケースも存在します。

また、今はサーバーをクラウドに移行するという選択肢も出てきています。

 

サーバーのリプレースは定期的に必ず迎えるものです。

サーバーが故障し、障害などが発生してしまう前に、目的や予算にあった形で計画を立て、サーバーのリプレースを行いましょう。

「GPU搭載 専用サーバー」
AI開発・ディープラーニングに最適
NVIDIA製GPU「Tesla」を搭載

詳細はこちら

関連記事

テレワークにおすすめ!

当社人気No.1サービス!

Winserver TOPページへ

お問い合わせフォーム

TOP