在宅勤務

仮想デスクトップ

仮想デスクトップの使い方とは?仕事の効率アップにおすすめ。

仮想デスクトップの使い方とは。1台のPCで複数のデスクトップ画面が使うことが可能で、PCやタブレットなど様々なデバイスから同じデスクトップ画面を使用することができ、仕事の効率を上げるだけでなく、テレワークにも役立ちます。
仮想デスクトップ

テレワークとは?どうすれば導入できて、何が強み?

テレワークは、新型コロナウィルス感染症の拡大が大きな問題となり、ますます注目を浴びています。高まる多様な働き方を実現するツールであるテレワークは、何が強みなのでしょうか。また、導入のための助成金などはあるのでしょうか。
仮想デスクトップ

仮想デスクトップのメリットとは。何が強みでどこに活かせる?

仮想デスクトップは、単にパソコンで複数のデスクトップ画面が使える、ネットワーク経由でどこからでも同じ画面が使えるというだけのものではありません。仕事の効率向上や、多様な働き方を実現する可能性を秘めた大きな強みがあります。
仮想デスクトップ

SoftEther VPNとは。手軽なVPN利用のすすめ

VPNは、手軽に専用線並のセキュリティレベルの通信ができることから多種多様な働き方を求める社会のニーズに伴って注目を浴びています。今回紹介するSoftEther VPNは、無償で利用でき、定番とも言えるソフトウェアです。
仮想デスクトップ

多様な働き方の実現へ注目が広がるVDIとは

VDIは多様な働き方が広がる今、注目を集めています。インターネット経由でどこでも同じデスクトップ環境が使えるVDIは、テレワーク(在宅勤務)をする場合にも使える技術です。今回はVDIで実現する働き方の可能性を解説します。