マイクロソフトホスティングパートナーが提供するレンタルサーバーサービス

  Windows Server専門のレンタルサーバー「ウィンサーバー」

レンタルサーバーにおけるトラブルについて

● 集客に強いレンタルサーバーの見極め方

● レンタルサーバーにおけるトラブル レンタルサーバーにおけるトラブル

レンタルサーバーを検討している人は、発生しやすいトラブルについて知っておきましょう。
ビジネスとしてレンタルサーバーを利用するのであれば、実際にどのようなトラブルが起こり得るのかということを知っておくことが大切です。
すでに自社サイトや無料ブログを運営している人もいるのではないでしょうか。
アクセス数が増え、レンタルサーバーに移行する人も少なくありません。
その際に発生するトラブルは、画像の移行やドメインの移行です。
テキストは一括に移行できても画像データは簡単に行うことができません。
ブログやサイトにアップしている画像が多ければ、非常に手間がかかる作業です。
ドメインの移行は、検索エンジンに重複コンテンツとして判断されないように調整が必要になります。
始めは有料のレンタルサーバーを利用してwebサイトを作成していれば防げるトラブルです。

● 対応が早い業者を選ぼう 対応が早い業者を選ぼう
2013年にあるレンタルサーバーに大きなトラブルが発生しました。
8000人以上のお客様のwebサイトが被害にあったそうです。
そのトラブルはインストールされたWord PressのDBに不正接続し、webサイトのデータを改ざんするというものです。
原因となった設定ファイルのパーミッションを変更し、外部からの設定変更ができないようし、根本原因となった機能を停止するなどの対応が行われました。
実際に数日から1週間ほどwebサイトが運用できなかった人が数千人いましたが、最小の損害で済んだそうです。
規模の大きな業者は対応が早く、復旧や修正、再リリースの対応速度が早い傾向にありますが、トラブルの事情を聞いた後はメールフォームから相談をしてくれという場合もあります。
担当者とメールのやり取りでは解決しないこともたくさんあるでしょう。
また、サポートメールの返信が遅い場合もあります。
トラブルが発生した時に、すぐに対応してくれるレンタルサーバー業者を選ぶことが大切です。
ほとんどのレンタルサーバー業者は利用規約を定め、web上などに掲載しています。
規約をしっかりと確認し、用途にあっているかどうかを確認してからレンタルサーバーを利用しましょう。