マイクロソフトホスティングパートナーが提供するレンタルサーバーサービス

  Windows Server専門のレンタルサーバー「ウィンサーバー」

レンタルサーバーの選び方について

● レンタルサーバーの選び方について

● 企業が契約するレンタルサーバーの選び方 企業が契約するレンタルサーバーの選び方
レンタルサーバーの契約を検討している企業もいるでしょう。
レンタルサーバーには様々な種類があるため、どのサーバーと契約するべきか迷ってしまうものです。
レンタルサーバーの選び方について知っておきましょう。
選び方のポイントは、何に重点をおくかです。
レンタルサーバーはそれぞれ特徴が異なります。
顧客情報を扱う場合や、収益に繋がるサイトを運営する場合は特にレンタルサーバーの選び方に注意しなければなりません。
コスト削減のために、低価格で提供しているレンタルサーバーを契約しようと考えている企業もありますが、格安で提供しているレンタルサーバーは個人向けが多いです。
サーバーに異常が発生した際、業務に支障が出る恐れがあります。
そのため、サポートレベルにも着目して、適切なレンタルサーバーを選びましょう。

● レンタルサーバーの選ぶ基準 レンタルサーバーの選ぶ基準
レンタルサーバーの選び方の基準の一つは、ユーザー管理です。
webサイトの管理者が複数いる場合は、各担当者に権限を与え、管理画面や設定の操作が行えるユーザー管理機能が搭載しているレンタルサーバーを選ぶと、利便性が良いでしょう。
稼働率もレンタルサーバー選びの基準になります。
稼働率100%で安全性が高く、品質保証制度を設けているレンタルサーバーは安心です。
稼働率が100%でも、エラーが発生するとサーバーがダウンし、webサイトにアクセスできない危険性があります。
そのため、重要なデータを扱う場合は、バックアップ機能も欠かせません。
データを誤って削除してしまった、データ破損が起きたなどはよくあることでしょう。
同じハードディスクではなく、別のサーバーにバックアップを取ってくれるレンタルサーバーを選ぶことが大切です。
近年、マルウェアや情報改ざんなどの被害が多くなっており、顧客情報を扱う場合は、セキュリティ診断機能を重視してください。
定期的にセキュリティ診断が行える機能があると、トラブルが発生した際、すぐに対応することができます。
また、 WAF機能も不正操作などからサーバーを守るシステムであるため、セキュリティ対策として必要です。
他にも様々な機能がありますが、安心できるレンタルサーバーと契約しましょう。